クリアネイル

素足で堂々と歩きたい人に

あなたは爪白癬(つめはくせん)という病気を知っていますか?爪白癬は爪にできる水虫です。

 

 

爪白癬にかかると爪が白っぽくなって縦の線がたくさん生えたりもろくなってしまうので綺麗な爪ではなくなってしまいます。

 

 

また爪は組織が硬いため通常の水虫薬では奥の方に浸透した白癬菌を退治することができません。

 

 

そして内服薬では副作用で肝臓や腎臓の機能が低下してしまう可能性があるので爪白癬に有効な薬というのはなかなかありませんでした。

 

 

しかし、今回紹介する「Dr.Gs クリアネイル」はそんな爪白癬に悩む人にとっては救世主のような薬です。

 

 

日本ではまだ治療薬として認定されていませんが欧米ではすでに高い人気を博している外用薬で、Kenneth B.Gerenaich博士、通称”Dr.G(ドクターG)"によって開発された爪白癬用のお薬です。

 

爪白癬について

前述したように爪白癬とは爪にできる水虫です。

 

 

水虫をもたらす白癬菌(はくせんきん)は真菌と呼ばれるカビの一種で、床や土などに存在し、裸足で接触することで感染します。

 

 

特にネイルカラーや除光液などに含まれている刺激の強い合成成分などで免疫力が落ちると爪の奥深いところに緑色のカビが生えてしまういわゆるグリーンネイルという状態になってしまうことがあります。

 

 

これも爪白癬の一種なのですが、爪の組織は普通の皮膚よりも硬いので一般的な水虫薬ではなかなか効果を得ることができません。

 

 

その点「Dr.Gs クリアネイル」なら特許を取得した独自の浸透技術で有効成分「トフナトール」を爪の深層部にまで浸透させることに成功し、数多くの爪白癬の治療実績を持っている薬です。

 

 

また、爪に塗るタイプなので副作用の心配も少なく治療後はクリアでみずみずしく美しい爪がよみがえります。

 

 

爪白癬が治るまでの日数とは?

白癬菌に冒された爪は治療が済んで白癬菌が死に絶えても爪が伸びてその部分を切るまでは爪の状態が急に良くなるということはありません。

 

 

足の爪は一ヶ月におよそ1.5mmしか伸びないと言われています。つまり3mm白癬菌が侵食していた場合には少なくとも2ヶ月は治療に要するということになります。

 

 

この間は毎日薬を塗る必要性があります。万が一爪白癬に白癬菌の生き残りがいた場合には薬に対して耐性を持ちその薬が効かなくなる可能性があるからです。

 

 

また爪の中まで入った白癬菌や真菌は皮膚のタンパク質をエサにして増えていくため自然治癒することはありません。治療薬でしっかりと治すことが重要です。

 

 

白癬菌の侵食がそれほど深くなければ治りもそれだけ早くなりますので、早期治療を心がけるようにしてください。

 

アメリカで圧倒的人気の、爪水虫対策用の外用薬です!

 

皆さん、自分の足の爪をよく見てください。

 

 

爪が緑色に変色していませんか?

 

 

それは通称「グリーンネイル」。

 

 

爪水虫知及ばれる病気かもしれません。

 

 

効き慣れない症状ですが、最近増えてきているんです。

 

 

その原因は女性の「ネイル」。

 

 

爪とアクリル・ジェルネイルの隙間に水が入りこみ、通気性が悪くなることによりカビが発生。

 

 

そのカビが原因となって爪が緑色に変色してしまう病気です。

 

 

爪が緑色になることによってせっかくネイルをつけた爪も人前で晒せません。

 

 

これでは何のためにネイルを付けたのか分からないですよね。

 

 

最近、ネイルをつける女性を中心にこのグリーンネイルの症状を訴える人が増えています。

 

 

グリーンネイルの原因となる爪水虫はその名の通り、水虫ですので、その治療は困難を極めます。

 

 

水虫の原因であるカビの真菌は非常に生命力が強く、また自然治癒も絶対にしません。

 

 

放っておけば置くほど症状は進行し、治療が困難になります。

 

 

根治させるには塗り薬と内服薬の併用が良いのですが、強力な水虫を根絶させるための内服薬は当然体にも負担がかかります。

 

 

腎臓や肝臓はその強力な薬品で長期間負担を強いられてしまいます。

 

 

それしか選択肢がないならともかく、そうでないならできれば内服薬は避けたいですよね。

 

 

そこで、アメリカで大人気の水虫専用治療薬、「Dr.Gs クリアネイル」を使いましょう。

 

爪の上と爪と皮膚の間に塗るだけで、厄介な爪水虫が改善!

Dr.Gs クリアネイルは水虫の真菌に対して非常に有効なトルナフタートを使用し、塗るだけで爪水虫や水虫に強力に作用します。

 

 

これを爪が生え変わるまで根気よく使用し続けることによって、爪の奥まで入り込んだ真菌を根絶させることができます。

 

 

そのスピードは強力な塗り薬と内服薬の併用にも勝ります。

 

 

内服薬のように体に負担をかけることなく、簡単に健康的な爪が取り戻せます。

 

 

もちろんこれだけでも十分なのですが、もっと早く治したい方はドクターズチョイス・チモールを併用するのがお勧め。

 

 

2つの薬剤のダブルパワーによってさらに早い完治が見込めます。

 

 

ただし、爪水虫をやっつけても、皮膚の水虫を放置していたらいずれまた爪水虫は再発します。

 

 

爪水虫と水虫はセットで根絶させる必要があります。

 

 

Dr.Gs クリアネイルは爪水虫と同時に水虫も根絶させるセットも販売しています。

 

  • 爪水虫完治セット
  • 爪水虫スピード完治セット
  • 爪水虫+水虫完治セット

 

といったようにあなたの症状に合わせた様々な組み合わせで販売しています。

 

 

症状に合ったセットを使うことで、爪水虫も水虫も治り、人前でも堂々と素足を晒せるようになります。

 

 

爪水虫に罹ってしまったら、Dr.Gs クリアネイルで一刻も早く治療を開始しましょう。

 

Dr.Gsクリアネイルで爪の悩みを解消

 

夏になるとサンダルなど足を出すおしゃれが楽しめるようになりますが、足に何等かのトラブルがあるとそうしたおしゃれも楽しめなくなってしまいます。

 

 

それゆえ、お手入れはしっかりと行い悩みを解消したいですが、特に爪のトラブルは改善が難しく、改善には時間がかかってしまいますので、早めにケアを行うことがおすすめです。

 

 

特に爪水虫は一般的な塗り薬では浸透しづらいですし、飲み薬は良い改善が期待できますが副作用が強いことも心配です。

 

 

それゆえ、良い改善策がないか悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

 

 

安全にきれいな爪を取り戻すならDr.Gsクリアネイルの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

内服薬は肝臓や腎臓への負担も少なくありませんが、こちらは副作用のない塗り薬となっており、服用せず直接爪に塗ってケアを行うことができます。

 

 

有効成分はトルタナフートとなっており、こちらは白癬菌などの真菌に効果がある成分です。

 

 

塗り薬はあまり浸透が良くないというイメージもありますが、こちらは特許取得の浸透技術でしっかりと成分を浸透させることができます。

 

 

爪水虫は足に良く発生するというイメージもありますが、ジェルネイルの普及もあり、手の爪にも発生することが増えています。

 

 

ジェルと爪の間に水が入り通気性の悪さから爪が緑色になってしまう、いわゆるグリーンネイルは若い女性に多い悩みです。

 

 

そうした悩みにもDr.Gsクリアネイルはしっかりと対応してくれますので、お手入れにプラスしてみてはいかがでしょうか。

 

爪の上からでも有効成分がしっかり素早く浸透します!

塗り方については、爪の表面と甘皮につけますが、特に甘皮は浸透しやすい部分です。

 

 

塗ったあとは指で爪の表面に刷り込むように伸ばしていきましょう。

 

 

そして爪は伸びるのに時間がかかりますので水虫部分が完全になくなるまで治療は続けていきましょう。

 

 

皮膚に水虫がある場合はそちらも同時に治していく必要があります。

 

 

より早く治したいという場合はドクターズチョイスチモールを利用すればさらに良い改善が期待できます。

 

 

こちらは爪と皮ふの間に注入して使う商品です。

 

 

購入は通販が便利ですが、水虫用の商品を購入することに抵抗があるという人もあるのではないでしょうか。

 

 

こちらの商品は無地の封筒や箱で贈られてきますし、伝票にも商品名はありませんので他の人に中身を知られる心配はなく安心して受け取ることができます。

 

 

見た目も水虫薬とはわからないデザインとなっていますので、女性にも使いやすい商品です。

 

>>クリアネイル公式通販ショップはこちらから<<